覆された冷え性に対する考え

私は冷え性体質になってから20年ほど経ちます。

悩み続けてはいるが、依然として解決の糸口を見出せずに困り果てています。

今思うと、こんな体質になる前はどんなに幸せな時を過ごしていたんだと実感します。

当時は、そもそも冬でもそれほど寒いと感じることはありませんでした。

洋服は着ても上で3枚まで、下は下着を含めて2枚でした。

靴下を邪魔な履物と考えていたのでほとんど着用することはありませんでした。

それが年齢25過ぎたあたりから、足に寒気を感じるようになったのです。

冬でも裸足生活が当たり前だったのが、いつしか当然のように靴下を履くようになりました。

自分の部屋に暖房器具など一切なかったのにストーブまで使うようになったのです。

この時になって初めて冷え性の人の苦しみが分かりました。

今まで冷え性の人に対して根性が足りないと思っていたことが覆されたのです。

今ではだるまのような体形に見えるほど服を着込んでいます。

そして暖房なくして冬を越せる自信はありません。

以前の自分に憧れを抱きつつ毎日を過ごしているのです。

Link

Copyright © 1996 www.12orenuotandoconamore.org All Rights Reserved.