列車等のチケット等を決済しようと

換金目的をもって新幹線の乗車切符の類をいっぱい購買してしまうこと●キャッシュ化サービスを使用しないで、自身で換金を目的にしてクレカ利用をする行為も同じ事です。

キャッシュ化するということを狙ったクレカショッピングであればカードのルール違反扱いとなってしまうからです。

大量の電車等の回数券や切手販売における決済では、運が悪いと現金化する目的では、などという風にマークされる事例などもあり得るため、気をつけることを要します。

さらに、使用時点においてキャッシング枠の方が上限になっているユーザーの場合、列車等のチケット等を決済しようとする瞬間にクレジットカードの発行会社からチェックが来ることもあり得るから、資金不足時のカード決済は出来なくなると思われます。

お金に困った状況において企てることは、同じであるのです。

カード会社によくない利用をする》かなり前に話題だった『永久不滅』というようなクレジットカード会社から見てプラスとなることのないルールに違反した取引をしてしまうと、クレジットカードの発行会社により強制退会させられてしまう場合というのも存在します。

Webで話題になったクレカポイントの不正搾取等世間には知られていない秘密のやり方などというものが存在しても、その情報については絶対にクレカの規約に反することとなるのでどんなことがあっても試さないようにして頂きたい。

失効させたられてしまった内容は信用機関へ流れる》クレジットカードを失効させられてしまったとしても違う会社のクレカは利用可能のだから少しならば問題ない??と思う方は今の情報社会にあってはその考え方は身を滅ぼすことになる可能性があるのです。

なぜならば、まず強制退会になってしまうという状態となるとクレジットの会社各社が入手出来る個人情報というものへその内容が記載されるのであなたの社会的信用はなくなってしまう事態があるためです。

持っている1枚であってもカードを強制没収扱いとなると、それ以降クレジットであっても契約しづらくなってしまいますし場合によっては契約しているクレジットまでも失効となってしまう事態もあり得るでしょう。

強制退会とならずに引き続き利用できる際にも使用期限切れとともに使用できなくなることもあり得ます。

しつこく書いていますが、強制失効させられるほどの利用は何があってもすることがないよう、使用して頂きたいと願っています。

Link

Copyright © 1996 www.12orenuotandoconamore.org All Rights Reserved.